SHURON | シュロン

Shuron_2


SHURONは、1865年に光学眼鏡メーカーとしてアメリカで設立されたました。
第二次大戦時に米国軍に光学製品を供給したことにより一躍有名になり、AO(アメリカンオプティカル)、B&L(ボシュロム)と合わせて、アメリカ3大メーカーの一つに数えられています。1947年に発表したブローラインのフレーム“RONSIR”は1950年代にはアメリカで一大ムーブメントを作る程に大流行しました。当時をモチーフにした映画やドラマなどでは必ず小道具の一つに加えられるアイテムの一つでもあります。

過去の映画作品でも数々の著名な俳優がSHURONを身につけ役を演じていました。ジーン・ハックマン「THE CONVERSATION」、トムハンクス「catch me if you can」、ケビン・コスナー「JFK」、マット・デイモン「the good shepherd」など時代感の演出や人物像に則して多様されています。

そしてSHURONはこの時代に生まれたRONSIRをはじめとし、その他のモデルについてもフレームの形状をほぼ変えることなく今もなお作り続け供給し続けています。それは、よりリアルなクラシックを感じられると共に時代を越えてもなお現代のスタイルにもマッチする完成されたデザインのフレームである事を証明していることに他なりません。


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

60